肺がん転移を防ぐために出来る方法~三つの肺がん治療法~

医者

肺にできるがんを克服

頭にメスを入れずに治療を行いたい場合はサイバーナイフを選んでおくことも大切です。こちらの医院で受けられます。

日本人に多いがんの転移は病院で防げます。早い段階で発見できれば完治も可能なので定期健診を受けましょう。医師がすぐに見つけてくれます。

主な治療方法と近年見られている方法

看護師

肺がんの治療方法として今現在行われているものは、3つのものがあります。 1つ目は外科的療法です。こちらは所謂、手術療法になります。がん細胞を1つの塊としてとらえ、手術をしてそれを取り除くという方法です。 2つ目は化学療法になります。抗がん剤などの化学物質を体内に取り入れ、がん細胞を弱らせ、破壊させる方法です。 3つ目は放射線療法です。こちらはがん細胞に放射線を照射することで、がん細胞を攻撃するという治療方法になります。肺がんの治療目的だけでなく再発予防としても用いられている方法です。 現在ではこれらの3つの方法以外にも、人間が生まれながらにして持っている免疫力を高めることで、がん細胞を縮小させる免疫療法も注目を集めており、多くのがん患者がこの治療を受けています。

どんな特徴があるのか

肺がんの治療の特徴は、基本的に他のがんの場合と大きな差はありませんが、がんが発症している部位や、がんによる症状が出ている部位、他の臓器への転移の有無、現在のがんの進行度などによってその方針が異なるということが特徴と言えます。 また同じ肺がんでも、非小細胞肺がん、小細胞肺がんという2つのタイプがあり、患者がどちらのがんなのかによっても治療方針が変化するという点も肺がん治療の特徴と言えるでしょう。 非小細胞肺がんか、小細胞肺がんかについては、検査で判明させることが可能です。 ちなみに、治療方法の流れについても、各患者の状態や主治医の考えなどのよっても変化します。肺がん治療を行う際には主治医としっかりと相談をし、納得した上で受けるようにしましょう。

快適な透析ライフ

悩み

世田谷区には透析治療を受けることができる医療機関があります。治療を受けるには掛かり付けの医師の紹介状などが必要ですが、医療機関によってサポートサービスが違うので、希望を相談することで希望に沿った医療機関への紹介をしてくれます。

現状と治療法

病棟

脳動静脈奇形とは、先天的に動脈と静脈を直接結ぶ血管が出来る病気で、くも膜下出血や脳内出血を起こす危険があります。治療は、開頭手術、放射線治療、カテーテルによる手術があり、症状によってこれらを組み合わせて治療を行ないます。

病気をを知ろう

女性

脳の動脈と静脈の間に毛細血管を経由せず短絡箇所がある事を脳動静脈奇形と言います。これは先天的異常である事が多いです。くも膜下出血の半数が脳動静脈奇形が要因であることがあります。女性よりも男性の発症率が高い病気です。